Web会議で経費削減【音声や映像をやり取りすることが出来る】

システムを作成する過程

女性

社会を支える縁の下の仕事

社会の快適を支えるシステム。それは身近に多く存在する。例えばコンビニのPOSの中、流通のトラックの配送スケジュール管理、食品加工のオートメーションシステムの中など多岐にわたる。それらを動かす為のソフトウエアを作成するのがシステム開発である。システム開発は要件定義から始まり、概要設計、詳細設計、製造、単体試験、結合試験、総合試験の工程から成り立っており、要件定義から概要設計を主にSEが担当し、詳細設計から単体試験をプログラマが、結合試験以降をまたSEがというように分業作業をしていく。システムを導入する企業は、売上の数か月分をシステム開発費として支払うこともよくあり、要件定義の段階で発注企業の要望を正しくくみ取ることができるかどうかが最重要となり、システム開発プロジェクトの成否の大きな要因となる。近年では、詳細設計と製造、単体試験などプログラマが担う部分は、外注にだすシステム開発企業が増えており、主に中国、インドなどが外注先としてあげられるようになってきている。それにともない、日本国内のSEと他国のプログラマとを繋ぐ、ブリッジSEの需要も大幅に増えるようになってきた。システム開発は小さいもので2〜3ヶ月、大きいものでは数年規模のものも存在し、複雑なシステムになるほど不具合(バグ)も発生しやすくなる。近年SEの人材不足は深刻になりつつあり、教科にプログラミングが組み込まれた現代の学生達が、今後のシステム開発の担い手として期待されている。

Copyright© 2018 Web会議で経費削減【音声や映像をやり取りすることが出来る】 All Rights Reserved.