Web会議で経費削減【音声や映像をやり取りすることが出来る】

開発と購入の違い

PC操作

事前検討について

企業においては、予約システムを構築し業務や利用者への予約対応に活用したいということがある。社内においては、会議室や自社の設備を予約システムで社員に予約させ、効率よく利用するといった目的がある。外部への利用者への利用目的としては、サービスなどの利用申し込みを予約システムで受け付け、その順番にサービス提供を行いたいといったこともある。これらの予約システムでは、自社独自に開発するシステムと、既にパッケージ化されている予約システムを活用するケースの大きく2つある。自社独自に開発するケースでは、要望に応じて独自のシステムとすることができる。社内の会議室予約など、多くの企業でも行っている内容であれば、既にあるシステムを購入するなどで対応できる。しかし、利用者に対し独自の流れで予約入力させたいケースでは、独自システムの開発が必要になる。独自に予約システムを開発する場合には、システム開発会社などを活用し開発する必要がある。自社向けのシステム開発になるため、その分費用が多くかかる。一方の、パッケージソフトなどにおいては多くの企業向けに販売されているため、安価に導入できるというメリットがある。その為、予約システムを選ぶ場合には、自社独自のシステムとする必要があるかを事前に検討した上での導入が重要である。コストを抑えたい場合には実現したい予約フローについて、既にあるシステムで対応できないか事前に調査検討しておく必要がある。

Copyright© 2018 Web会議で経費削減【音声や映像をやり取りすることが出来る】 All Rights Reserved.